◆ 沿革

中村民芸社 展示販売コーナー
中村民芸社 展示販売コーナー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

弊社は昭和元年、中村 治(オサム)によって大内人形の制作が始まりました。
昭和50年2代目中村 弴(ジュン)により有限会社中村民芸社を設立。

平成28年6月1日、代表取締役に3代目中村 功(コウ)が就任し現在に至ります。

 

 3代目長男 功は、石川県立輪島漆芸研修所を卒業後、蒔絵師の内弟子(5年間)で技術を学び、専務取締役 中村 建(ケン)も輪島塗師に内弟子(5年間)を経て兄弟共に切磋琢磨しながら漆塗りのあらゆる技法を大内塗に生かすべく活躍しております。また、営業・事務担当の取締役 中村 理恵は、現在 大内塗漆器振興協同組合 事務局を兼務し、県内外に大内塗の魅力を発信するため、展示会出展、イベント企画・運営等、活動の場を広げております。


 弊社の特色は、何といっても大内塗漆器・大内人形をすべて下地から蒔絵付まで一貫生産し、木地の選択、上質の漆、デザインにこだわりを持った塗り物づくりが出来るということです。


 現在では、全国の有名百貨店にも販路を拡充し成果を高めているところでございます。今後は、生活に密着した商品開発、そして海外にまで販路を拡大したいと考えております。山口の伝統工芸品を世界へ発信できるよう日々努力し研鑽してまいります。

 

〒753-0214 

山口県山口市大内御堀4138番地

電話番号 083-927-0619

FAX番号  083-927-4619

有限会社 中村民芸社(ナカムラミンゲイシャ)


◆ 主な事業内容

◇ 大内塗漆器、大内人形製造・販売 卸売販売・物産販売(実演販売を含む)
◇ 山口陶漆器製造・販売
◇ 拭き漆塗り商品、うるし塗りアクセサリー、うるし塗り雑貨製造・販売
◇ 漆器・陶器修理

◇ 大内塗・大内人形イベント企画・運営、制作体験教室企画・運営